じゃがいも料理

お料理メモ13 便利!圧力鍋で3品同時完成の2段調理 加圧5分で出来上がり

元祖作りおきレシピの料理研究家夏梅美智子です。

ジャコご飯
鶏の胸肉のインゲン巻き
さつまいもと小松菜の蒸し物

圧力鍋3種調理

長年愛用している フィスラー圧力鍋 2.5リットル。

圧力鍋

毎日使うにはちょうど良いサイズ。
料理後の洗う時もバラバラ、簡単に分解出来ます。

2段調理
下段:米2合といで、普通に水かげんします。
上段:鶏むね肉は皮を除き、厚みを平均にそぎ開き塩胡椒で下味をつけて小麦粉をふる。
ゆでた人参の棒切りといんげんを芯に巻いてクッキングシートで巻く。

3㎝長さの小松菜と1㎝厚さのさつま芋をジップロックにいれる。

煮立って蒸気が充分に上がったら弱火で5分加圧。
圧が下がったら野菜はざるに上げて胡麻和えに。
肉は食べやすく切り、好みで塩少々かポン酢しょうゆ等かけても良い。
ご飯にちりめんじゃこを10グラム位加え混ぜる。

コツ ①
ご飯に蒸し汁が混ざっても美味しいと思うものは、そのままのせて蒸す。
混ざりたくないものは、耐熱器やジップロック等少し工夫をしましょう。
今回は鶏の蒸し汁が染みた美味しいじゃこご飯が出来上がり。

コツ ②
圧が下がるまで待てない時は、半分位下がったら鍋蓋に直接水をかける。

お試しくださいませ。
 
 

圧力鍋
炊き上がりで取り出した所です。
 
 


炊く前で米の上にのせてある所。

 

Share