じゃがいも料理

おいしいもの巡り 第1回目 早春の釜山2泊3日の弾丸ひとり旅

元祖 作りおきレシピの料理研究家の夏梅美智子です。

韓国の食の宝庫 釜山に行ってきました!

まずは「韓国釜田市場」。

ここの市場、訪れるたびになぜかとってもほっとしてしまいます。
食材と人が行き交う市場のエネルギーが伝わってきて
元気!がもらえる感じがします

場所は釜山地下鉄1号線「釜田駅」1番出口から直ぐ
巨大 地元の人の御用達の市民市場 です。
食品はもちろん生活雑貨など生活に必要なものが何でも有り!
食品売り場は個人商店が軒を並べていて、もちろんハングルのみ。
ハングル語話せない私ですが 愛嬌と度胸で乗り切っています。
指差し会話でほしいものジャンジャンとお買い物です。

蟹の醤油漬
お惣菜 カンジヤンケジャン(蟹の醤油漬)キムチ山盛り〜!

キムチや唐辛子 ごま油を絞るいい香りにそそられ、
導かれながら ウロウロとさまよう楽しい散歩です。

キムチ

お惣菜 あれこれありすぎて迷って選んだのはこちら!
おうちお土産にパックものを6種類。

持参したラップでぐるぐる巻きにして、さらに
チャック付の保存袋に入れて臭いも汁漏れもOK!
スーツケースに入れてしっかりお持ち帰りしました。
日本で食べる韓国の味。これまた格別!
夕食のおかずに最高でした。

青菜

 

ジャコ

どこまでもつづく食材の山
この光景 日本ではお目にかかれないド迫力です
ものすご~く広くて ものすご~く楽しい!
青菜もジャコも塩辛もその種類の豊富さに迷う!
てどれもこれもおいしそう!

 

「釜山で食べたもの」をご紹介します。

■釜山に行ったら絶対食べて!と言われる「トンネ参鶏湯」

はじめは上品な湯ですが混ぜると薬膳やもち米もたっぷりで食べごたえあり。
コクと旨味がどんどん深まっていきます

参鶏湯
お値段1400円位
細いうどんとネギをたっぷり加えて食べます。

■ 朝ご飯は「デジクッパ」と「カルグクス&キンパ」。

ロッテホテルの裏にある西面市場通りにあります。
ご近所さんやスーツ姿のお客様と一緒に食べるので私も現地住民気分!

豚骨スープのクッパ
サッパリ豚骨スープのクッパ
細いうどんとニラ アミの塩辛を加えて食べる。
朝ご飯です。肉の薄切りも沢山。

■ お待たせしました。釜山発「雪氷ソルビン」!!

かき氷は夏の食べ物?とんでもありません。
韓国では 冬でもかき氷が大人気。
寒い季節でも韓国の人たちはコーヒーもアイス派が多くてちょっとびっくりのお国柄。

雪氷 ソルビン

サラサラパウダースノーのかき氷は
ミルク+きな粉+氷の3段重ね!
さらに小さいお餅とアーモンドスライスがトッピングされていて豪華というか
カロリーすごすぎ!か悩ましいところです。味はGOOD!

■港町なのでチャガルチ市場でお刺身定食

タコや貝類も食べたかった!

チャガルチ市場
場外市場 働き者のおばちゃんパワー炸裂!
見習わなくっちゃです!!

チャガルチ市場
こちらも新鮮!教室でみんなと一緒にお料理していただきたいです。
どの魚面も愛嬌があってかわいい!

 

■ そして 韓牛も食べたいので焼肉 にも行ってきましたよ

ひとり焼肉は忙しい時間帯を外して行くのかコツです。

韓国ひとり焼き肉
韓牛  カルビ&味付きカルビ
美味しいけどちょっとさみしいひとり焼き肉

弾丸釜山のグルメ巡り
食材の宝庫の魅力に料理家魂がメラメラしてきました。

韓国大好きです!

Share